スピニングロック(プラグ&コネクタ抜け止め)

  • 製品概要
  • 製品仕様

スピニングロック プラグ&コネクタ抜け止め

Spinning lock はカイダック※®製で、衝撃に強い樹脂でできています。
コードコネクタとプラグの接続箇所は得てしてフリーアクセス(二重床)内や、装置裏側、配線ダクト等、目立たない場所にあります。
のちの工事の際、足や脚立に引っ掛けたり、ケーブル敷設時に外れる事象から、設備の電源をしっかり守ります。

また、コードコネクタとプラグの接続で、差し込むまではどなたにもできます。しかし、差し込んだあとに『回してロックする』という行為は、ある程度の専門知識や経験が無いと、ついうっかり忘れてしまいます。
『回して抜け止めロック』を忘れてしまったプラグは、軽く引っ張るとすぐに外れ、大切なデータを扱う記憶装置や通信用装置のパワーダウン(電源誤しゃ断)は必至です。
Spinning lock は『回して抜け止めロック』を忘れても、一端取り付けてしまえばロック忘れによるコードコネクタとプラグの抜け落ち事故は皆無です。

※カイダックは、アクリル変性で耐高衝撃特性を持つ樹脂で商品名。

AMERICAN DENKI社製のNEMA規格のケーブルコネクタ&プラグは、差し込んだあと互いに右にひねる(右回転)と、端子が引っ掛かり抜け止めが作用してロックする

回してロックしなかったり、ケーブルのねじれ等により、差し込みが抜けてしまうと、大変な事故になる可能性もあります

コードコネクタとプラグの接続後Spinning lockを被せ、施工します。4箇所の爪を切り込みに差し込むだけ、簡単に取り付けられます。蓋が閉らない時はプラグとコネクタのロックが不十分であることが判り、非常に簡単なチェック機構でもあります。

特長

取り付けたら抜けない機構

接続時に『回して抜け止めロック』をしても、ケーブルのねじれ方向によっては自然にロック解除方向によりが戻り、プラグがコネクタから抜けてしまうこともあり得ます。
Spinning lock は『取り付けたらコネクタ&プラグは抜けない』機構ですので、施工後にプラグがコネクタから外れる事はありません。

使用上の注意点

  • 本製品は耐衝撃性樹脂で出来ていますが、故意に蹴ったり踏みつけるような、変形を与える行為はおやめ下さい。
  • コードコネクタとプラグの接続及びロックを確認した上で、本製品を取り付けて下さい。ロックが十分でないと、本製品を無理矢理取り付ける事になり、破損の危険があります。
    更なる安全を考慮する場合は本製品を取り付けた上から、結束バンド等で2箇所締めると、更に効果が期待できます。
  • 火気の近くや火炎・高圧蒸気などを近づけると、変形しますのでおやめ下さい。
寸 法 AMERICAN DENKI社製ナイロンカバー専用
L5-15(ナイロンカバー)
L6-15(ナイロンカバー)
L5-20(ナイロンカバー)
L6-20(ナイロンカバー)
L5-30(ナイロンカバー)
L6-30(ナイロンカバー)
ブルー
表面加工 表面シボ入り、裏面(内側)滑面
材 質 カイダック
製 法 熱型押し
© 2019 東洋電装株式会社 . All Rights Reserved.