WLANコントローラーNX9600シリーズ

  • 製品概要
  • 製品仕様
NX9600

中規模~大規模ネットワーク向けWLANコントローラー

最大10,240台のアクセスポイントを一括管理することができる
中規模~大規模ネットワーク向けWLANコントローラーです。

中~大規模ネットワークに最適なソリューション

NX9600は導入時の複数の拠点のデバイスのシステム統合を容易にし、導入後のネットワークの変化にも柔軟に対応することができます。

RFドメイン機能

NX9600は支社・店舗ごと、若しくは用途のことなるAPごとにRFドメインと呼ばれるグループ単位でAPを管理し、RFドメインのグループごとにパラメーターを管理することができます。
RFドメインには各ドメインごとにRFドメインマネージャーと呼ばれるグループリーダーとなる機器を設定することができます。
障害時にはRFドメインマネージャーがコントローラーの一部機能を代替し、障害に強いシステム構築が可能です。
また、各APとコントローラ間のマネージメントトラフィックを大幅に削減することが可能です。
NXシリーズやRFSシリーズ等のWLANコントローラーをこのRFドメインマネージャーに設定することで機能により、管理台数をさらに増やすことが可能で、成長し続けるネットワークの変化に合わせた柔軟な構築が可能です。

■ 用途

  • 各支店、店舗等のアクセスポイントの1か所で制御・監視したい
  • 管理端末やゲスト端末の監視やセキュリティレベル等の変更を一括管理したい
  • DHCP、Radius認証等の各認証システムを統合管理したい

■ 主な機能

  • アクセスポイントの制御
  • セキュリティー機能
  • 各認証システムの制御
  • アクセスログ等の管理情報の提供

WLAN統合プラットホーム『WiNG 5』

『WiNG5』は無線LANアクセスポイントを運用管理する為の統合プラットフォームです。
ゼブラテクノロジーズ社製の無線LANアクセスポイントは、全ての機種を同一のプラットフォームで操作することが出来ます。
『WiNG 5』はネットワーク全体を階層化し、グラフィカルに表示します。
世界中どの場所の端末でも、目的の端末に素早くアクセスすることが可能です。
ネットワークの規模に合わせ、アクセスポイントコントローラーによる集中管理型ネットワークの構築、RFドメインを利用した複数拠点の大規模ネットワークの管理、スタンドアロン端末の個別管理等、お客様の用途とネットワーク規模に合わせた管理システムをご提供します。
※WiNG 5はzebra technology社の登録商標です。

■ 直観的操作が可能なインターフェース

トラフィック・接続状況等をグラフィカルに表示

■ APの位置情報をマッピング

マップ上にアクセスポイントの設置位置を表示し、アイコンから簡単にアクセスすることができます。

仕様

機種名 NX9600
CPU Dual Intel Xenon 6-core,15MB cache
メモリー 40GB RAM
ストレージ 4×2TB hard-drives with RAID-5/64GB Solid state Drive
管理台数 10,240台
MACアドレスフィルタリング 1000
RFドメイン 4,096
SSID管理数 1,024
寸法(mm) H101.6 × W482.6 × L721.2
重量 22.7kg
動作温度 0℃~40℃(10%~80%RH)
電源 100 to 240VAC(+/- 10%),50/60Hz,10-5Amps
冗長化電源※アクセサリ別売
主要性能
  • アクセスポイント:設定Radio設定、SSID、WPE等
  • ネットワーク:ネットワーク状況監視、経路自動診断機能、L2TPv3設定
  • セキュリティー:ステートフルパケットファイアウォール、セキュリティーポリシー管理、アクセス制限等
  • サーバ:DHCP、captive portal、オンボードRADIUS設定等
  • ログ:APとシステム全体の統計情報(装置インベントリ表示、収容APリスト表示、非収容APリスト表示、クラッシュリスト、トラフィック等)
© 2019 東洋電装株式会社 . All Rights Reserved.